PCのSSDのフルバックアップを取ってたら、先月よりも2倍時間がかかる。
妙だと思ってCrystalDiskMarkで測ってみたら、SSDのランダムアクセス性能(Q32T1)が半減してた。(シーケンシャルアクセスは変わってない)
Intel CPUの脆弱性パッチの影響か?

フォロー

ここ一ヶ月でその手のパッチというとKB4465065っぽいが、よくわからん。
セーフモードだと以前の(CPU脆弱性が騒がれる前の)性能が出るから、SSD自体は問題なし。

CPU脆弱性パッチについて調べてたら、パッチの効果を制御するInSpectreというツールが見つかった。
InSpectreによると、確かにパッチの効果が有効になってるとわかった。
そのうち、無効化してどのくらい違いが出るか試してみよう。

ログインして会話に参加
Mastodon

個人的な利用・実験のためのインスタンスです。