予め存在してる(ような書き方をされる)四次元時空の中で「現在」が特別に見えるというのは、世界に数十億個もころがってる脳髄の中で「自分」がひとつの脳髄に局在してるのを特別だと感じるのに似ている。

フォロー

宝くじに当たった人は自分に起きたことに「奇跡」を感じるが、十分な思考能力があればその「奇跡」は確率的に仕掛けられた必然にすぎないと俯瞰できるだろう。
だが「現在」や「自分」についての実感をこうした俯瞰的思考に帰することのできない人は多い。

ログインして会話に参加
Mastodon

個人的な利用・実験のためのインスタンスです。